いつまでもキレイな肌にする方法

女性だったらいつまでもキレイな肌にしたいと思いますよね。ちょっとしたシミや肝斑などが気になり始めると年齢を感じてしまうことがあります。そんな女性に当サイトではキレイな肌になるための方法を伝授します。

いつまでもキレイな肌にする方法

自分の肌年齢を知る方法

自分の肌の年齢を知るには、大きく分けて2つの方法があります。実際に2つの方法を試してみれば、自分の肌年齢を把握できるでしょう。それぞれ、美容の方針や方法を判断する参考になりますので、有益な情報の1つとして把握しておくと良いでしょう。

1つ目の方法は、1円玉を利用した簡単な判定方法です。自分の頬に1円玉を押し付けて丸い跡をつくり、それが消えるまでの時間で肌年齢を調べます。もし、15分未満で丸い跡が消えたら、10代の若さがあると言えます。15分以上かかり、25分未満であれば20代となります。以降、25分以上35分未満なら30代、35分以上45分未満なら40代となります。

なお、丸い跡が消えるまで45分以上かかった場合は、50代以上という判定になります。ただし、肌がダメージを受けている状態であれば年齢が若くても、跡が消えるまで時間がかかるものです。一度の判定で油断したり落ち込んだりせず、美容対策を続けるようにしましょう。

2つ目の方法は、チェックシートを使った判定方法です。これも手軽にできますので、美容の方針や方法を判断する参考になります。チェックシートは様々な形で公開されていますが、一番手軽に利用できるのは、インターネット上で公開されているチェックシートでしょう。自分の生活習慣や肌の状態にあったチェックを続けていくと、肌年齢の判定を知る事ができます。

ただし、チェックシートを使った判定方法は、自分の肌を直接調べたものではありません。傾向として、チェックシートで選んだ状態から判断すると、その程度の肌年齢になるだろうというものです。必ずしも現状を正確に判定したものではありませんので、油断をせずに美容対策を進めましょう。

↓きれいな肌を保つために
レチンAクリームで綺麗な肌へ